ヒマワリ、間に合った

(花ビラが散りかけたら全部取ってこうしてもいいですネ)   ヒマワリを描いた、お軸に。 タテに長い茎のついた花は、色紙には無理だったので、洋風の花を和の代表に押し込んだ。 花の配置、茎の長さ、試行錯誤で午前中を...

食パン到着

待ち時間が30〜40分くらい。 そうなると何をしていいか悩む。 ブログ原稿を、とも思ったが、急なことだったのでちょっと・・・・・。 仕方なくテレビをつけた。 天気のことを話していて、関西は九州より早く本日梅雨入りしたとの...

ひまわりに見られている

ひまわりが 「描いて」 と言いたげに、バーントアンバーと濃黄の花首を、私の座っている方へせり出して来る。 固い茎がようやっと支えているように見えるが、触ってみると木のように頑丈で、案外 「もっと寄っても大丈夫だ、行け、行...

緑が美しい

きゅうりは毎年植えているものの、収穫を期待している訳ではない。 地植えではないと、あのパリパリ感がないからだ。 それでも植えるのは、広い葉が夏の日差しを防いでくれるから。 3本のうちの1本が、誘引していないのに私の考えて...

靴磨き

何であれ、目に見えて達成感があるとニヤリと喜ぶヒトである。 はよ言えば単純なんやなと思うが。 若い頃はそう言われると、ひどく侮辱されたみたいでイヤだった。 今は「純」である証拠と考えるようになったが、この年で「純」も変か...

世にも奇妙な券売機の話

時々、「えっ!?」と思うような出来事、起こりませんか? 怒りとか悲しみとかネガティブな感情を引き起こすトラブルは、御免こうむりたい。 しかし、ただ「不思議である」とか、「ええ〜〜??(困惑)」程度ならば、あとで笑い話にで...

バーントアンバー

やや赤みのある深い茶色、顔彩で言えば「煤竹すすたけ」か。 油絵を描いた経験のある人は、その色の魅力を知っている。 高校生の頃、美術クラブに入っていた私は、学生展(県内高校生美術展)に自画像(油絵)を出品したことがある。 ...

カエル先生

いつも行く花屋に5カ月ほど前からワンコがいる。 チワワと何かのミックスらしく、ブラック&クリーム、なかなか可愛い男の子だ。 来たばかりの頃は、誰にでもシッポを振る人懐こい犬だったが、今7カ月、人間で言えば思春期だろうか。...

ヤングコーンとあくび

ヤングコーンが大好きなヒトだ、私は。 ちょっと前までは、高級なお店の付け合わせ、サラダなどにちょこっと出る程度、スーパーでは売っていなかった。 それが今では手に入る。 素晴らしい! サラダで食べるのが一番なんだろうけれど...