どこがスタート地点?8月手本「柿と葡萄」

色紙はタテとヨコで長さがすこし違います。 一般的にはタテに描くことが多いのですが、今回の作品は、ヨコ向きです。 1枚の絵を見たときに、絵を描く人なら「この絵はどうやって描かれたのかな?」と考えることがあるかと思います。 ...

見れば見るほどファンタジック!「8月1回目手本 桔梗とセグロセキレイ」

8月1回目手本は、「桔梗とセグロセキレイ」です。 この作品は、2021年後期手本の中でも私のお気に入りです。   桔梗の花とセキレイが主役ですが、このファンタジックな雰囲気を出すためには、ボカシが要です! &n...

第103回長居講座「美しい墨彩画」アサガオを描きました

久しぶりの長居講座です。 今日は風があり雲も多かったので、割と過ごしやすい1日でした。 4・5・6月とお休みでした。 おなじみメンバーのFさんとIさん、今日も仲良くお2人で参加して下さいました。 「いつも都合があって早め...

真っ赤な花を飾ろう(7月手本モミジアオイ)

7月2回目の手本「紅葉葵(モミジアオイ」です。 または「紅蜀葵(こうしょくき)」ともいいます。 葵(アオイ)科ハイビスカス属であるため、ハイビスカスに似ています。 派手なアンテナ風の花芯の部分などそっくりですね。 また、...

ようやく全教室再開、そして優等生がいました!

7月からようやく、全ての教室が再開します。 皆さんに再会できて嬉しいです。 お休み中は全然描いてないので・・・という方がほとんどですが、優等生がいましたよ! Mさん。 教室がお休み期間中の作品を全て、仕上げて持ってきて下...

墨だけの世界「白鷺と柳:3月2回目手本」

3月2回目の手本は「白鷺と柳の木」。 墨だけで描く、水墨画らしいテーマです。 なぜ、白鷺と柳のコンビなの? 柳は、水の近くにある植物です。 白鷺も、餌となる魚を求めて川に現れます。 水辺に関係あるもの同志、ごく自然な組み...