墨だけの世界「白鷺と柳:3月2回目手本」

3月2回目の手本は「白鷺と柳の木」。 墨だけで描く、水墨画らしいテーマです。 なぜ、白鷺と柳のコンビなの? 柳は、水の近くにある植物です。 白鷺も、餌となる魚を求めて川に現れます。 水辺に関係あるもの同志、ごく自然な組み...

みんな大好き「雪景色2種(短冊)」3月1回目手本

3月1回目手本は、短冊の「雪景色」2種。 あらゆる絵画のジャンルの中でも、唯一、「描かずして描く」という表現ができるのが、水墨画の醍醐味と言えましょう。 今回、描かずして描くのは「雪」です。 使うのは墨のみです。 墨の濃...

ハッピーカラーのおひなさま(2月1回目手本)

2月1回目手本は、「おひなさまと菜の花」です。 実際のおひなさまを設置するのはとても大変ですが、絵ならサッとかけるだけで「ひなまつり」気分になれますね。 玉麗会では月に2枚のペースで絵を完成させるので、およそ2週間ごとに...

12月2回目手本「寒山拾得(かんざんじっとく)」

覚えておられますか? 昨年も描きましたね・・・ 「ネズミの寒山拾得」 寒山拾得は、水墨画のテーマとしておなじみ。 どちらが寒山でどちらが拾得か、忘れてしまいがちなのですが、玉麗先生にこう覚えたらいいよと言われました。 ...