雑然、キライ

見せる収納などと記事にして、女性用雑誌に載った時代があった。
今はどうか知らない。

私は収納といえばしまっておくもの、目につかないようにしておくことと、頑なに思っていたヒトだったので、服や小物や、台所用品を出して飾っておくなんて、トンデモないと。

クローゼットを大きくして、台所収納もたっぷりとって、ナーンニモ置かないスッキリ状態をこよなく愛してきた。

ところが、である。

いつの頃からか、しまっておくと忘れるようになった。
同じものを買ったり、アレはどこ行った?と捜し回ったり・・・。

あっちに1ツ、こっちに2ツと出して並べておくと、安心する。しかしそうなると、またたく間にスッキリ状態が雑然となってくる。

台所のカウンターに電話を置いている。その周りには当然、筆記具などの箱がある。その隣にはメモを書いた紙切れ、その隣には・・・と際限なく広がってゆく。

ちょっと前、姉が「息子の嫁は片付けをしないので、食卓の上がいつも物で溢れている。食事の時はそれを横にどけないと食器がのらない」とこぼしていたことを思い出す。

マアそこまでは絶対ならない自信はあるものの、以前に比べて部屋の中が気に入らなくなってきた。

2カ月に1度くらい、取り置きしたメモや切り抜き、雑誌など点検して片付ける。しばらくは良い状態が続く。が、また溜まってくる。

今や教室は、そうことスタジオとアトリエが混然となって、手のつけようがない。目も当てられない所へはあまり入りたくない。けれども仕事がある。

あー 早く何もかもスッキリさせたいと、コロナ禍はこんなところにも影響を及ぼしている。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA