躁(そう)の日

まだ大人になりきっていないカラスが、ケォケォケォと鳴いている。
昼間聞くぶんには、ちょっと間抜けな声も愛嬌と許せる。

しかし深夜、1時や2時に、ケォ、ケォ、ケォ、カーァ、カーァとやられてはたまったもンじゃない。30分(あるいは10分間ぐらいかもしれない)騒ぐと、ピタリと止まる。

それからすぐ入眠できるかというと、他人はいざ知らず、私はまず無理である。昨夜はたまりかねて導眠剤を飲んだ。

カラスのせいばかりではないが、どうも躁鬱症気味のように感じる。

躁の時は仕事がはかどり、その辺の掃除をしたり、何でもできてしまうような気になる。

しかし・・・・。
しばらくすると鬱がやってくる。体調が思わしくなく、ヤル気が失せる。

両者は数日離れることが多いが、1日のうちに変転する時もある。

だいたい、朝体調がよろしくないヒトなので、午前中眠くて鬱状態。
3時を過ぎる頃、モーレツに眠くなる日と、ヤル気満々の日に分かれる。

昨日は後者であった。
台所の油汚れ(と言っても見た目キレイだが)が気になっていたので、洗剤で拭き、次によく絞ったタオルで仕上げる。換気扇の周り、食器棚の扉、果ては壁に至るまで清拭した。

身が軽いので、ヒョイヒョイ動ける。イスに乗って手を伸ばしたり、カウンターの上へ上がって、片足で立ってみたり、この歳でけっこうやるもンだと自分を褒めつつ、呆れつつ作業を続ける。

が、調子に乗って台所全部なんてやっていたら、明日鬱が来る。1時間で台所の左半分終了。
本日はこれまで。換気扇の中もパス。台所なんてすぐ汚れる場所だ、と思えるようになったのはいつ頃からだろう。

昼寝しなかったので、眠いデス。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA