よく見えなかったけど・・・

美術館で催される展覧会は、どこも照明を暗くしている。

私の目にはいいのかもしれないが、肝心の絵がよく見えない。

しかもガラスケースの中に収まっている。

あちこちおでこをくっつけて見た跡が残っていて、おかしかった。

私のような人もいるんだ。

今回の展覧会は、前期・後期に分かれていたようで、見たかったのはもう終わっていた。

ならば長谷川等伯にしよう。

その前にまずランチを食べて。

フォーシーズンズホテルの正面入り口に続く道
穏やかな天気

フォーシーズンは最近建ったホテル。

といっても、2年ぐらい前で、ビルではなく京都らしく日本建築の体裁を整えている。

日頃の昼食よりは少しリッチに、ワインも添えて。

お隣に、真言宗智山派総本山「智積院(ちしゃくいん)」がある。

智積院 講堂前

ここには、長谷川等伯親子の国宝障壁画が在る。

パンフレットや図録では、鮮やかな色彩の絢爛豪華な絵図として紹介されているが、実物は、400年以上の時を経て、少しずつ黒ずんでいる。

時の移ろいを感じさせる枯淡の美と言ったらいいのだろうか。

講堂には田渕俊夫東京芸術大学名誉教授の「夕陽」があった。水墨画である。

残念ながらかなり離れたところからしか見ることができない。

それにしても、智積院は広い。

アジサイの咲く頃に来たらきれいだろうナアと写真を見て思った。

紅葉はまずまず

智積院から鴨川に向かって坂を下り、三十三間堂のすぐ近くを通って京阪七条駅へ。

行きも帰りも特急は混んでいて、ほんの数駅座れただけ。

やはり京都は人が多い。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA