今日はまだ・・・

今日か明日か。
良いことを待っているなら嬉しいが、そうではない。

夜に冷気が下りてきて朝が涼しいのは今だけで、もうすぐ昼も夜もとにかく1日中暑い日が続くようになる。

蒸し暑い時にスイッチを入れると、サーっと冷気が漂ってホッとする。
しかしそれはほんのしばらくの間で、そのうち骨まで寒くなる。

寒いというより痛くなる。
娘はこの感覚がわからない。
私も昔からこうだった訳ではなく、いつの頃からか始まった。

「骨まで愛して」という歌があった。

『おまえ死んでも墓へはやらぬ  焼いて粉にして白湯で飲む・・・』
と吟遊詩人は詩った。
この口説き文句の原点は都々逸(どどいつ)※で、
「墓」は「寺」、「白湯(さゆ)」は「酒」らしいが、そんなことはどうでもいい。
「骨」から思い出す言葉を書いたまでなので。

その骨が、クーラーの冷気に悲鳴を上げる。
スイッチをオフにするしかない。

そのうちまた暑くなる。

点ける・消すが思いのままになれば問題ないのだが、頻繁に続くことには、今の機器は対応しきれない。

斯くして、これからしばらくの間、私の安住の場所はどこにもないのだ。
我が家のベランダ森から吹き渡って来る風が、なんと心地良いことか。

『もうすぐオマエには地獄の業火に喘ぐ日々がやってくる。その前の僅かな数刻を充分楽しむが良い』
炎帝の声が雲の向こうから聞こえてくる。

ため息をつきつつ、1枚 ブログを書き上げた。

(玉麗)

※『お前死んでも〜』は、江戸末期に流行った口語による「都々逸(どどいつ)」という定型詩。
七・七・七・五で作られることが多い。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA