チョイ忘れ予防策

食事の用意をするのはけっこう手早い方だと自負している。

いや、していたと言うべきか。
最近途中で考え込んでしまうことが時たまあって、それはごく短い間のことなのだけれど、ハテ?となる。

いまだに冷蔵庫の位置が台所の右端と思っているらしく、材料を取ろうとした時、無意識に右へ動く。

15年間かかって刷り込まれた習慣はスゴイなあ、と感心する。
台所をほんの少し改良して2年経つのに、時折思い出したように体が逆の方向へ行ってしまう。
(冷蔵庫は今台所に向かって左端にある)

ご飯はお茶碗に盛ってフリーザーに入れている。
おかずをどんどん作って、さてご飯をチンしようとしたら、アレッとなることがある。

炊き忘れ予防策として、米とぎボールをカウンターの上に乗せておく。

明日、お米を洗うこと!!

ところが、それでも忘れた日があった。
ちょっと落ち込む。

娘に「寸松庵色紙に書いて、何か絵を添えといて」と注文した。

大きな字で書いて、と言ったので「米を洗う」とデカく、上の方におにぎり2ツ描いてくれた。
カウンターの上に置いてあったら、イヤでも目に入る。

これで「アッご飯なかった!」から開放されるだろう。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA