ある日の謎

食パンを買った日のこと、その辺のお店も見てみよう、となって、娘と2人ブラブラ歩く。

ちょっと寒い日だったので、目に留まったものがあった。

レンガ色に近い朱赤ストール、店のスタッフに勧められて鏡の前で肩にかけてみた。
私の好きな色で、けっこう似合っていると思った。

けれども、ウール地の暖かそうなストールには、花や葉の刺繍が施されていた。
私は素っ気ない感じのものを好むので、うーんと迷い一旦置いた。

そこはインドの品々を扱う店で、服や雑貨などが所狭しと並んでいる。

娘は、レジ横にあったブローチを手にして、これどう?と言う。
革にライオンの顔が刺繍してあった。
私はキツネを外してもらってセーターに付けてみた。

ストールはやめてこれにしよう。
ストールがなんでブローチになるのかはナゾということにしておこう。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA