テレビドラマ

「モンテ・クリスト伯」を5回目からみている。

デビュー当時、砂糖菓子のように甘い甘いマスクだった
ディーンフジオカは執事の役がぴったりであった。

いつの間にか甘さの中にほんの少し
別の味がする俳優になったようだ。

なぜ最初から見なかったかはよくわからない。
途中からなので、所々わからないところが
あったりする。

それにしても毎回なかなかおもしろい。
クセのある役者が脇を固めているので、
リアリティもある。

放映時間にはベッドに入っているので、
もっぱら録画している。
木曜日に録り、翌日見る。
コマーシャルは当然早送りする。
最近こういう人が増えて、スポンサーとしては
はなはだ困惑気味なんだとか。

「モンテ・クリスト伯」は子供の頃読んだ気がする。
内容は復讐劇だったくらいで、さっぱり覚えていない。
本のタイトルは「巌窟王」だったかもしれない。

テレビドラマは刑事もの、医療ものが多い。
配役を見るとほとんど見たいとは思わない。

次回が楽しみなドラマなんてほとんどないが、
これは予想以上であった。

さて次回は延長で、2時間である。
最終回と書いてあった。
“ちょっとうれしい”だったのに。
“あーあ残念”になってしまう。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA