梅雨夜の夢

取材なのか、警護のためか、大阪城上空をヘリコプターが飛び回っている。

大きく旋回するのでこの辺りにも音が響く。

昨夜は12時過ぎても騒音が続き、私は就寝をおおいに妨げられた。

ヘリのプロペラが空気を裂く音は、何とマア凄まじいことか。

 

不眠症の独裁者がG20に何かの間違いで招待されていたら、言うだろう。

「ヘリの音を何とかしろ!東郷を呼べ、あの男は日本人だ、その辺に潜伏している」

独裁者のためではなく、自分の安眠のためにテラスに出た影が、ビルの谷間から現れた爆音に向かって照準を合わせた。

バァーン!!

ヘリは木っ端みじんに吹き飛んだが、乗員は全員フワリと脱出した。

辺りに静寂が戻った。

 

なあんてことにはならなかったので、私は今日睡眠不足であった。

ちょっとばかり業腹なので、今日もバリバリうるさいヘリに向かって、組んだ両手でバアーンとやってみた。

ひょっとして、機内で偵察していた至極目の良いオニイサンが言っただろうか。

「ヘリに向かって拳銃を構えている人物発見!!うーん、バアさんのようなので危険人物から外します」

 

室温28度、湿度47パーセント。暑くなってきましたネ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA