カラスの事情

この辺りは高い樹木が多いので、カラスがけっこう多い。

彼らは早朝から鳴き始める。

親ガラスと子ガラスでは鳴き声が違うが、鳴き方は親のを真似るようで、よく似ている。

最近、彼らの鳴き方に変化があることに気づいた。

ちょっと前、娘が鳴き真似をしてくれた。

いわく、カラスは只、「カアカア」と鳴くのではない。

「カア→ カア→↓ カア→↓」 と調子をつける、というのである。

その鳴き真似があまりにも似ていたので、大笑いした。

ところが、きのうふと気づいたら、「カ、カ、カ、カ」と言うではないか。

この辺にカエルがいるとは思えない。

しかしアレはカエルの鳴き声を真似ている??

それを娘に伝えると、

「アマガエルのいる森に住んでいたカラスが引っ越して来てん」

と言う。

「カ、カ、カ、カ」と鳴く同朋の声を聞いたカラスのユースケは、親ガラスに伝えた。

「母ちゃん、ウチの鳴き方古いんやで、ケンタロー君はカ、カ、カ、カって鳴いとった」

親ガラスは案外素直に、

「そうか、ひょっとしたら、“令和流”っていうんかも知れんナア」と頷いた。

カラスは賢い。ひたすらカアカア鳴くのではない。

流行も取り入れ、発声方法の研究も怠らない。

今に、人間と言葉を交わすカラスが出現することも考えられる。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA