ミシンは来たのに布屋が去った

年が改まって一番のショック。

「とらや」が閉店したこと。

 

娘が小さい頃、色々な服を縫っていた私は、電車を乗り継いで何度か行った記憶がある。

その後しばらくミシンから遠のいていたが、このマンションに住むようになってからまた縫うことを始めた。

「とらや」では布地を買うだけではなくパンツを誂えてもらうことを知り、以後ずっと玉麗御用達と思っていたのに。

これからどこへ注文すればいいんだろう、途方に暮れる。

せっかくミシンを手に入れたのに、布がなくてはどうしようもない。

家にある布で間に合わせられるものは、もう作った。

けれども、まだ作りたいものは何種類かある。
今後も次々と思いつくかもしれない。

あ〜〜 どこへ行けばいいンだろう。

娘がネットで調べてくれたところによると、本町に何店舗か、江坂にも1店ある。

しかし「とらや」ではない。
店のスタッフとも顔馴染みになっていたのに・・・。

駅前の本屋が閉店した時もがっかりしたが、今回はさらに落胆している。

ナンバに用事があるのは「とらや」へ行くためであった。

私の足は、かの地からすっかり遠のいてしまうことだろう。

かえすがえすも残念でならない。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA