時計

台所に1ツ。
リビングに3ツ。
アトリエ兼教室(今は倉庫?)に1ツ。
トイレ、寝室各1ツずつ。

そのほかにもあるなあ、いっぱい・・・。

時計の多い家である。

文字が大きくないと見えないので、壁掛け時計は大きい。

ナンデ、リビングに3ツあるか?
端の方に1ツずつ。
中央に湿度計・温度計にくっついて時計があるのでそうなった。

今朝ヤカンに水を入れてガス台の前に立ったら、台所の時計は3時40分であった。
ン?ちょっと早起きしすぎたかと思って別のを見ると、5時50分、2時間以上遅れている。
電池切れかも。

各々に性能が違うから、遅れているのやら、早く進みすぎているのもあって、わが家の時計はどれも同じ時刻を指していない。
たぶんケータイのデジタルが一番確かなんだろうと思っているが、どうなのかはわからない。

いつ頃からこうなったのか覚えていないが、今何時なのか知っていないと落ち着かない。

で、1ツ増え、2ツ増えしてこうなった。
安心できる。

そのくせ外出時にケータイも懐中時計(ある紳士が、ズボンのポケットから鎖付きの時計を出して時間を確かめるシーンを見て、イイナアとなり、手に入れた)も携行せず、となることがままある。

娘に、「今2時すぎくらい?」と言うと、これが結構当たっていて、何だか嬉しくなる。
体内時計も、ないよりはあった方が便利に決まっている。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA