手本描き

一般教室の手本がまだ出来上がっていない。

描きためたものの中から何枚かは使えるが、季節のことを考えると、描かなければならない数の方が圧倒的に多い。

今日は3枚描いたが、そのうちの1舞は菊なので上半期の分としてはふさわしくない。

月に1〜2枚は色紙を描いているが、その時咲いている花などを描くので、ピッタリ当てはまらない場合が多い。

今年は特別教室が多かったため、そちらに手を取られて色紙手本を描く余裕がなかったと言い訳してみるが、そうしたところで手本がどこかから出てくるはずもない。

時折、「どんな絵を描きたいですか」のアンケートを取るが、皆さんすぐにパッとひらめくことは少ない。

教室を2巡りしたぐらいでようやっと「こんなもの」と教えてくれる。大半は、水墨画・墨彩画にはちょっと無理ですネとなってしまう。

結局のところ、私が考え、私が描いてみて、これなら皆さんに描いてもらえそうだと思えるものを、手本として使用する。

色紙に、2時間以内で描ける絵を選択するのはなかなか難しい。

長く通って頂いている方達は、この題材は過去にもあったと思われるかもしれないが、なんども描いて上達するつもりで取り組んで頂きたい。

心躍る手本なんて、そうそう出来るものではありません。
「そこそこいいナ」と思って頂けることを期待しながら、
「ワアッこれいい!」と言って頂けることを目標に、
頑張ります!

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA