スニーカーの謎

目新しいメンズのスニーカーが橋の上に在った。

道路に一番近い、鉄柵の下に。片方だけ。

私は瞬時にテレビドラマを思い出した。

「相棒」である。

 

わが家はこのところドラマにハマっていて、私はテレビで、娘はパソコンで、Amazonのプライムビデオを観ている。

つまり、もうずっと以前に放映されたものを、今頃になってようやく観るようになったのだ。

ビデオは時間が空いた時、ちょこっと観ることができる。

週一のドラマが、こんなに手軽に観られるなんて驚きである。

杉下右京と冠城亘の掛け合いが絶妙で、このコンビがシリーズ中一番面白いと私は思う。

登場人物の相関図が複雑で、興味深い。シリーズ18までも続いているのは、それなりの理由があってのことだ。

最近の警察ドラマはアクションよりも謎解きが主流になっている。

事件は割合チマチマとしていて、迫力という点では昔のドラマの方が手に汗握った。

しかしフィクションとはいえ、警察の内部をチラッと見せてくれる点では、かなり高度な演出で、視聴者を飽きさせない工夫が随所に見受けられる。

橋の上に落ちていた新しいスニーカーを見たら、「相棒」の脚本家はどんなストーリーを考えるのだろうと思うと、頬が緩む。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA