マスクを作ってみました

手づくりマスクについて私目線で詳細を。

 

ちくちくと、針と糸で何かを作る姿・・・
マスクを作っていたのは、やはり玉麗先生でした!

手縫いです

「ヒモの長さを調節するからつけてみて」
と言われ、制作途中の布を顔にピタ!

またしばらくちくちく・・・

「できた!」

完成!
上:1号マスク 下:2号マスク(改良版)

1作目はちょっときつくてクレームを出したあと、すぐ2作目が。

比べてみると違いがわかります。マスク1号は、平面的です。でも、ヒモの長さを調節できるようにギャザー仕様になっています。

マスク2号は、ギョウザの皮のようなプリーツがあり、立体的に変身しています。

さらに注目すべきは、近頃のマスクの標準仕様である、「鼻ワイヤー」(なんて言うのでしょう?)です。「鼻ワイヤー」は1号にも2号にもほどこされていました。

2号の鼻ワイヤー発動状態 スムーズに曲がります
1号も曲がります
うっすらとワイヤーの正体が透けて見えますか?

この鼻ワイヤーの正体は、針金。よく見るあれです。

既製品マスクのワイヤーの太さと同じです
オーダーなのでフィット感が良く、生地がコットン(晒し木綿)なのでお肌にも優しいのです

すごいです、手づくりマスク。十分売れるクオリティだと思いましたが、「手縫いは大変」ということで、注文は受け付けていないそうです。

(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA