自由な日々

教室のない日が続いて、私達が何をしているかというと、先日も書いた楽しい絵を描いている。

カードのような大きさの画面に、思いついたものを描く。それをどう使うか、あるいはどのように展示するかはこれから考えるとして、とにかくひたすら描いている。

その合間に、高嶺の花となったマスクを作ってみた。
ちょっと昔はどこの家庭にもたぶんあった晒し木綿、今や希少価値があるかもしれないこの布が、わが家にあったのだ。布類を入れているケースの中をゴソゴソやっていたら、出てきた。

早速いい加減な方法で、それも手縫いで、チクチク。

先日手に入れた細い平ゴムを通したら、出来上がり。
娘につけてもらったら立体感に欠けるとの理由で、不評であった。

では、次のは別の方法でやってみよう。次作は「コレ、いいよ」であった。

最初のもギャザーをつけて糸で止めると、ホラッ。
内側には当て布用を、明日作ることにしよう。

1日を好きなように分割して使える。
今までの人生で味わったことのない贅沢とは、このことじゃないかとつくづく思っている。

今月の収入と引き替えに、とてつもなく大きなプレゼントをもらったような、ちょっと複雑ながらも、たっぷりある時間を味わっている。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA