手袋

ウィルスを、100パーセント防ぐ方法はないだろうけれど、少しでも感染のリスクを低くしたいと考えてる。
そこで思いついたのが、手袋。

マスクをしていて、どうしても外さなければいけなくなった時、手袋を着用していたら、脱いで、バイキンの付着率が低い手で行うことが出来る。

帰宅すれば、直ちに洗面所へ行き、手を洗うついでにマスクと手袋も石鹸でゴシゴシ。
これはいいワ!

これから少しずつ暖かくなると、手袋はちょっとうっとうしいが、少しぐらい暑いのは辛抱しなければ。

綿の、手の平側にポツポツのついたのを手に入れた。ひょっとして転倒した時も、むき出しよりはマシだろう。何より心の平静を思うと、少しでも安心できると言える。

エレベーターのスイッチを押す時、どこかのドアノブを握る時、手すりに触れる時、そのたびにイヤだナァと思わなくてよい。

コロナウィルス騒ぎで、免疫力を上げる食品とか、空気清浄機、消毒スプレーなど、平時よりかなり高めのものが新聞に掲載されている。けれども手袋については、いまだ1度も見つけたことがない。マスクと同レベルの効用があると思うんだけどナァ。

娘が言う。「ソレいいなって思ったら、手袋売り場の綿手袋がまた消えるんじゃないの、買い占めで」
さて、どうですかねェ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA