シーサーと帽子

2021年が後10日で終わる。
今年最終の教室あちこちで、色々な話題が花を咲かせ、シーサーが次々と描かれてこれが又けっこう受けた。

下図がないので自由に描いてもらえる。
たまには、キッチリした絵から抜け出すことも大切だナアとつくづく思いながら、皆さん各々のシーサーを解説。

どの教室でも
「顔のある絵はご自分に似るンですよ」
と言うと、エーッどうしよう、とか口々に言いながら、俄然楽しい雰囲気になっていく。
もっとズッコケたのが出来上がるのを期待したが、皆さん手堅く、なかなか上手にまとめていた。

「来年もどうぞよろしく、良い年をお迎え下さい」

この大好きな言葉を口にし、耳にしながら1人1人を見送り、千里教室をあとにした。
翌日都島、そして八尾教室が最終となる。

千里のショッピング街はまだどこもセールを行っていない。
Uさんと昼食後歩いていて、ある店で毛糸の帽子を見つけた。
安くはなかったが自分へのクリスマスプレゼント、思い切って手に入れた。

あったかい

 

寒くて耳が痛いと言っていたのが、これを被ると、うわっ暖かい!
タグをとってもらってそのまま被って歩いた。

食品を少しばかり買い、電車に乗ると今度は、うわっあつっ!となった。
慌てて帽子を取ってた手が頭に触れたら、うわっ熱がある!

それほどこの帽子は威力があった。
帽子を取るとたちまち熱は冷めて、ホッ・

久しぶりの外出で疲れて梅田までしばしウトウト。
下車して寒くなり又帽子を被る。

年末の繁華街は人の出が多い。
縫うように歩いて乗り換え、帰宅。

家へ入ると、又してもあっつぅー。
でもコレ、いいものを手に入れたって感じ。
愛用品になりそうだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA