寒い

小雪(しょうせつ)、北風木の葉を払う季節。

なるほど。時が来れば、やはり寒くなるのだ。

一昨日まで暖かかったのに、一夜のうちに北風の吹く頃となってしまった。

ネリネが花をつけたので、南側の、リビングから見える位置に移してやった。
(※ネリネ:マンジュシャゲに似た花で、葉が先に出て、その根元から長い茎をだし、ピンクの花を咲かせる)

ネリネ 真上から撮影しています
ブーゲンビリアも鮮やか

まだ元気に咲いているブーゲンビリアのマゼンタピンクの横で、それよりは少し薄めの優しい色が、今年は9本立ち上がっている。

30〜50センチ、しっかりした茎を伸ばし、その先に花をつける。

それにしても我が家の皇帝ダリアは何としたことか。

先端はすでに上階の領域まで伸びているが、いっかな蕾をつける様子がない。今咲かなければ寒くなるのに、いやもうすでに十分寒い。

小春日和の中、うす紫系のピンクの花をつける。この花木(木なのか?)は、コダチダリア、キク科だそうな。

朝刊に奈良の馬見丘陵公園内で咲いている、と写真が載っていた。

鉢植えではかなり無理がある。それでも3メートル近く育った。
花がもし咲いても、私達が鑑賞するにはやはり無理がある。

上階の人が喜んでくれれば良いが、と思うしかない。

それにしても・・・・。

私が年末の大掃除を企画したらなぜ寒くなるのか。
北風小僧に見張られているのだろうか。

私は彼らにイケズした覚えはないのだが。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA