龍の眼を飲む

お酒はワインがよろしいね、と言ったところで1回に小さなグラス1杯(300ccも入るのか)、可愛らしいものである。

日本ワインを見つけた。
山梨・甲府で作られている。
名前で買ったようなものだ。

私の好みは白ワインで、いっぱしに超辛口。
キリリと冷やして飲むのが好きだ。

イズミヤで200㎖ぐらいの小さな瓶の超辛口を売っていた。
毎晩飲む訳ではないので、時々手に入れて楽しんでいたが、いつの間にか置かなくなってしまった。

別の店が開くのを待つ間「成城石井」へフラリと寄ったら、ワインコーナーの隅に在った。
辛口と書いているが、あまり当てにならない。

超辛口が私は好きなんだけどネ、などと呟きながらも手に入れた。
帰宅してフタを開けちょっぴり飲んでみた。
超はつかないまでも辛口であることは確か。
サッパリとフルーティである。

夕食時飲もうと思っていたのに、その日段取りが悪くバタバタしていて忘れた。
後で思い出し、またちょっぴり飲んだ。
およそ、飲んでいるという感じではない。

ワイングラスではなく、マイグラスをこのため買っているのに、出番はあまりない。
たしなむと書くにも恥ずかしいほど、ほど遠いがピッタリだ。

ボトルには
「龍眼 シュール・リー」
とあった。
これも一種のジャケ買いだろうか。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA