令和元年

新元号が発表された夕刊を見て、“ふうーん”という感じであった。

“あ、コレ!”とか、“いいね!”ではなかったが、夕食後じっと見ていると、東宮様のお顔が浮かび、しっくりおさまった気になってきた。

電話で私の名前を相手に伝える時、“オオヘンに、メイレイのレイです”と今までは言ってきた。

これからは、“オオヘンにレイワのレイです”と言えばいいのだ。私の本名には元号の一字が入っています、というのも悪くない。

そんなことをツラツラ考えていると、「平成」だって、最初は“ふうん”だったような。

何事も初めはとっつきに時間がかかる。
それでもきっとそれはいいことの始まりなのだ。

今上天皇が退位された後、皇太子様が即位され、令和の時代が始まる。

私達は、昭和、平成、令和と3ツの元号を体験することになる。

西暦は便利ではあるが、趣に欠ける。
元号という文化を持つ国に生まれたことを誇りに思う。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA