プリズンブレイク カエル版

マルコ(カエル)とスリム(カエル)を同じ部屋に入れていた。

マルコがスリムのハウスへ入ってスリムを踏んづけ、踏まれた方はク・ク・クと鳴いて私たちを呼ぶ。

その回数と時間帯(深夜の時もある)を考えて、2匹の間に仕切板を入れた。
個室の出来上がりである。

これでヤレヤレと思っていたら、ある日スリムが跳び越えた。

ジャンゴ(カエル)に比べて小さく軽いスリムならではの新技。

それも、ハウスの上に登って、そこからどうかして(見ていないのでわからない)隣へ行った様子。

行ったらやっぱり踏んづけられる。
またしてもク・ク・クと訴える。

彼らには持ち上げられない程度の重さの網でフタをしているから、このケースの中から脱走することはできない。

けれども、私が作ったシステムを破る技は、知恵として持っており、時々披露してくれる。

与えられた空間をよしとせず、頭脳と体力を駆使して挑戦する彼らはなかなかのものだ。

「コラ、脱獄者め、顔をよく見せろ」

私の手のひらに乗せられた脱走犯は、不敵にもおちょぼ口で笑っている。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA