耳が薄いヒトである。

耳の肉付きが貧相なため、冬になると寒い。
というより、冷たくなる。

「うー冷たい」となってはもう遅い。

そうなる前に対策を講じておかないと、100パーセントの割合でしもやけになる。
すると、モーレツに痒い。
かきむしって、傷になる。
みっともない。

耳が薄いくせに、いつも放り出し状態になっているのがいけないのだ。

しかし・・・・

このベリーショートの髪で、どうやって耳を覆うというのだ。

仕方ないから、冬にはスッポリの帽子を被ることにしている。
帽子を選ぶのが毎年の課題になっている。
何しろ、切実な問題なのだから。

ふと思いついて、厚手のスパッツを切り、耳の型に縫った。

イヤーウォーマーである。

外へ着けて行けるような完成品ではないが、リビングでフロ上がりに着けるにはちょうどいい。

耳が暖かいと、体も冷えない。
これはいいワ。

「ホラ、見て」
娘に見せると、
「チェブラーシカみたい」
と言った。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA