おいしいお茶

すべてのお茶で試した訳ではない。

知覧茶の新茶を淹れて大変おいしく、
2煎目もまた味わい深く頂いた話である。

その何日か前に宇治茶の新茶を頂戴したが、
とても残念なことに普段飲んでいるお茶の方が
味、香りともに勝っていた。

そしてこの知覧茶である。

正真正銘、新茶であることを、開封した瞬間の
鮮やかな香りが教えてくれた。

以来、お茶を淹れるたびに
胸いっぱい香りを吸うことにしている。

いつものお茶も九州産である。
こちらは佐賀県嬉野産。
となると、宇治は九州勢に負けていることになるのか。
それとも流通に問題アリなのか。

前置きが長すぎた。

知覧茶を小さじ1杯弱、湯のみに入れお湯を注ぐ。
ワァッと拡散された茶葉が浮き上がるが、
1分も経たぬ間に沈んで静かになる。

それをそうっと口に入れる。
旨い。
もう1杯欲しいとなると、またお湯を注ぐ。
しばらく待つ。
やはり美味しい。

3煎目はさすがに味がうすい。
それでもスーパーで売っているお茶と
同等くらいの味はする。

知覧茶は現地で買ったものを
U君がプレゼントしてくれる。

時たま届くこのお茶を、私達はひそかに
心待ちにしている。
そして彼に言うのである。

「お茶は知覧に限るネ」

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA