年賀状

年賀状が届かなかったら、玉麗もとうとう風太のところへ行ったと思ってくれる?
と何人かに言ったことを思い出している。

そろそろ今年もその季節。
手本としての賀状絵はとっくの昔描いたけれど、私から皆さんに差し上げる絵の制作はいつも11月になってしまう。
賀状とささやかなプレゼントを一緒に手渡して、今年1年ありがとうございましたと御挨拶。
年の暮れが迫っている感じ、移り変わる様が何とも胸に迫る。

知人・友人達にも同じ賀状絵を使っている。
来年は「癸(みずのと)卯(う)」。
ピョンピョン跳ねるように良いことがやって来ると言う。
もうそろそろそういう年になって欲しいと願いを込めて、今からイメージ図を作ります。

年賀状を出さない人、出していたけどシンドくなってやめた人、いろいろだと思うが、もらうのをイヤだと言っている人にはお目にかかったことがない。

私達は幸いなことに絵が好きで、自分で描ける技を持っている。
手描きが一番であることは言うまでもないが、コピーで充分。
あなたが描いた干支のうさぎが、受け取った人をしばし幸せにする。
スゴイことではないだろうか。
メールもいいけれど、ぜひ年賀状を出してほしい。
今年もここにいますよ、とのメッセージを発信しよう。

では今日、本画が出来上がることを願いつつ・・・。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA