熱中症になりました!

すこしさかのぼりますが、7月30日頃、しんどくなりました。

頭が重く、ふらふらして、気持ち悪く、食欲がなくなりました。ひどい二日酔いのような感覚です。

こういう症状は、これまで玉麗先生を見てよく学習しているつもりなので、しんどいからといって慌てて病院へ行くことはせず、横になっていました。

第一、ふらふらするので、歩き回らない方がよいのです。

病気になると、感覚が鋭くなるせいか、いろんなもののにおいがすごくきつく感じられて、食欲がなくなります。

昨日まで普通に食べていたものが、急に食べられなくなるのはとても不思議です。

胃が気持ち悪いのでお腹がすく感覚はありませんが、「気持ち悪いけど空腹になるとさらに気持ち悪い」と玉麗先生がよく言っているので、味のない白いパン(ザルツロール:これは食べられた)を食べてお茶を飲んでいました。

横になるというのも、ベッドで完全に寝た状態ではなく、リクライニングチェアの背もたれを45度くらいにして、半分座っている感じです。

ちなみにこのリクライニングチェアは、玉麗先生が「しんどくなった時に座れる椅子が欲しい」とのことで選んだ、背もたれと足がスイッチで動かせるタイプ。

私はこれまであまり恩恵を受けていませんでしたが、今回は心のそこから「ありがたい!」と思いました。

「ありがたい」といえば、元気になってからは、この「ご飯を美味しく食べられる」ということが、当たり前ではなく本当にありがたいと思えます。

ちなみに、私の今回の症状は「熱中症」じゃないかと・・(病院へは行っていないので断定はできませんが)

思い起こせば、しんどくなる前の日くらいに、強烈な頭痛がありました。その時は「頭痛=熱中症」なんて思いつかなかったので、油断していました。

原因は特定しにくいのですが、「睡眠不足が続いていた」「急に暑くなる境目の時だった」「エアコンを控えめにしていた」思いつくのはこんな感じです。

あ、それと家の工事があって、片付けなどで大変だった・・・これも理由のひとつになるかも。ふだん静かな家にドカドカと知らない人たちが出入りするのは、結構なストレスになるものです。

私はまだ軽い方だったのかもしれませんが、家の中にいても熱中症になる、は本当のことです!ご自愛ください。

追記:Oさんの話によると、コーヒーは水がわりにならないので、コーヒー好きな人は気をつけないといけません。Oさん、お見舞いにといただいた「和洋」のお菓子、とても美味しかったです、ありがとうございました♬

(雪)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA