映画をテレビで

来客が続いて仕事にならない。

こういう時はサッサと諦めて、コマ切れの時間をいつも出来ないことに使おう。

娘が「大誘拐」観る?と言う。賛成!

もう30年くらい前の映画ではないだろうか。

10年以上前に1度観た。

今はビデオ屋さんへ行かなくても、ネットで配信しているのをテレビ画面で観ることができるそうで、その手順を私でもわかるように冊子にしてくれた。

和歌山の地主柳川家の当主82歳のとし子刀自を3人のチンピラ達が誘拐し、身代金を取ろうと画策する。

山歩きの途中をまんまとさらったまではよかったが、その後はおばあちゃんの手の平で転がされ、物語は進展する。

名女優北林谷栄を筆頭に、樹木希林、緒形拳、竜雷太、神山繁、水野久美、岸部一徳らに混じって、風間トオルが奮闘している。

「身代金は100億、ビタ一文まけられまへん」と啖呵を切ってチンピラ達を動かすおばあちゃんの真意は、どこにある?

誰も死なず傷つかず、ハッピーな気分なのに、ハラハラドキドキ。日本映画史上に残る名作だと言ってよい。

北林谷栄演じるとし子刀自が好感度抜群である。

こんなおばあちゃんになれるなら、82歳まで生きたいと、誰もに思わせる飄々痛快演技であった。

(玉麗)

2件のコメント

  1. 見覚えのある映画でした。北林谷栄は独特の味を出す女優で
    滅多に出なくても印象の深い人でした。
    さて最後の一言「82歳まで生きればいいか」・・・
    現在82歳の身には複雑な響きで「これまででもういいか」
    と再認識の夜でした。

  2. 北林さんをみて、小さいころ可愛がってくれた
    おばあちゃんを思い出しました。(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA