何とかこれを!前編

おなかがポッコリ出ているのは誰だってイヤだ。全体がふっくらさんだから、もうアキラメていると言う人もいるかもしれないけれど。

更年期が凄まじく、12キロ痩せた私にとっては、どうしてここだけが、と非常にウラメシイ。人前に出る時は極力お腹に力を入れて、ポッコリが少しでもおさまるような努力をしてきた。

しかし、元を断たなければ、もう限界だナと気がついた。元を断つってソレ大変なんじゃない?と言われそうだが、やってみなきゃわからない。

春から膝(左)が痛くなって4人の先生に指導を頂き、やっと経年劣化であると認めることとなった。

少しおさまっているが、時折痛む。膝痛体操を教えてもらって熱心にすると、翌朝起きる時イターッとなる。就寝前の15分歩きも半分にしている。となると、家事以外で動くことがなくなってしまう。それはマズイ。

と言うことで、これしかないンじゃないかと思い当たったこと、腹筋運動。エーッそんなのできるの??やるンです。何事もチャレンジ精神さえあれば・・・・・!?

私は若い頃から腹筋体操が苦手で、1回もできないことが起き上がり運動であった。とにかくいくら頑張ってもできない。体が途中から起き上がってくれないのだ。ソレを、この歳になってやろうと言う。

こんな時こそ、玉麗マジックである。困ったことがあると、アレでもない、コレでもないといろいろ試してみて、そうこうしているうちに、ア、と閃いてくる。困難なことを、やり遂げる方法が。

私はそれを玉麗マジックと呼んでいる。あくまで私のことに限られる限定的魔法である。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA