虫メガネでも見えない世界

ブロッコリーを1本、リビングに置いている。
外に在った時、青虫がついていたので中に入れた。
虫は1匹だけ、クモの巣のような中に入って、サナギになった。

もう1カ月近いが変化ナシ。

最近、葉と葉を結ぶように白い糸がレースのごとく張られているのに気付き、これじゃあブロッコリーもうっとうしいだろうと、全部取り除いてやった。

数日後、娘が「小さい虫がいるけど何だろう」と言うので、確かめもせず「ダニじゃないの、葉ダニとか」といい加減なことを言っておいた。

光が当たっている時ようく見ると、再生されたクモの巣の上を何かが動いている。
結構な数である。

あっちへ行ったり戻って来たり、右往左往と表現したらいいか。
虫メガネで見ると、ダニではない気がする。

「スマホで拡大してみて」
「固定してくれる」
椅子の上にストーブを置き、その上でスマホをかざす。

テーブルの上に置かれたブロッコリーの鉢、その葉の上でウロウロしているのは蜘蛛であった。
これは蜘蛛の子か、それともこの大きさの蜘蛛、つまり成虫か。

わが家にはいろいろな生きものが生息する。

主にベランダの鉢に植えられた植物に産卵されたものが成長してのことである。
成長過程で捕食者の餌食になる場合もある。
さらに大きな昆虫や鳥、その他いろいろ。
時折ヤモちゃん(ヤモリ)も出没する。

賑やかなことだ。

けれども冬場はシーンとしている。
まさかこんなに大群のチビクモ達に遭遇するとは思いもしなかった。

でも、何食べてんの、キミ達。

(玉麗)


※まだ少し見かけるサザンカです。
記事内容とは全然関係ありませんが、唐突にアップしました。
これからもブログに登場させますので、動画をどんどん見て下さいね。
新しい動画も企画中です。お楽しみに!(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA