虫と競食

サブローはもう5回目の夏を迎える。
いや6回目かもしれない。

スティックブロッコリーの苗を買ったら、その中の1本が非常に優秀で、いっぱい花蕾のついた枝をつけ、それがとても美味しかった。

抜いてしまうには惜しい気がしてそのままにしておくと、次々とスティックをつける。

2年経ち、3年目を迎えた頃、「Sir(サー)」の称号をつけてサー・ブロッコリー、略してサブローと呼ぶようになった。

サブローは他のブロッコリーより甘く、モンシロチョウや蜂がやってきて産卵する。

今朝、娘がサブローの傍にしゃがみ込んでいた。
シロちゃんの幼虫を別のブロッコリーに移す作業をしていたので、私も加わった。

ちょっと数えただけで15匹ほどいる。
このままにしておいたらサブローは茎まで食べられてしまうだろう。

昨日孵化したような、1ミリにも満たない青虫も含めて20匹ほど。
ついでに剪定もした。

ブロッコリーの剪定なんて聞いたことがないが、画像を見れば納得してもらえると思う。

左:サブロー

 

サブローは昨年秋の終わり、シロちゃんのその年最後の産卵を受けた。
30余匹の青虫は大きくなり、葉っぱはおろか枝の先まで全部食い尽くして、サナギになるべくベランダのあちこちに散らばっていった。

残ったサブローは見るも無惨に、太い枝のみが立ち尽くしていた。
もう枯れるだろうと、私たちは諦めた。

ところがしばらく経つと出たのだ、新芽が!

優秀なブロッコリーは、生命力も旺盛であった。

そして今春、私達はサブローが提供してくれる甘みのあるスティックを目を細めて、頂いた。

虫達もきっと知っているに違いない。
このブロッコリーがとても美味しいことを。

悪いね、キミ達はフツーの葉の方を食べてくれる。
サブローを育てているのは私だからね。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA