真っ赤な花を飾ろう(7月手本モミジアオイ)

7月2回目の手本「紅葉葵(モミジアオイ」です。
または「紅蜀葵(こうしょくき)」ともいいます。

葵(アオイ)科ハイビスカス属であるため、ハイビスカスに似ています。
派手なアンテナ風の花芯の部分などそっくりですね。

また、葉っぱはモミジに似ていて、それでこの名がついたそうです。

今回のポイントは、花の色を鮮やかな真っ赤にすることと、葉っぱを描くときにブルブルブルと筆を軽く震わせることです。
そうすると、モミジの葉のようなギザギザが表現できますよ。

今回の水入れは、確実にこの配色になります

 

最後に黄色でぼかしをかければ、夏!という感じの作品完成

 

紅葉葵はあまり見かけないため、写真が撮れませんでした。

その代わりにこちらはよく見かける夏の主役、ハイビスカスです。

 

似ていますが、モミジアオイは中心の部分がパーッと広がっています。
夏の赤い花、いいですね。

(雪)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA