アゲハの夏

ブログを書いていると柑橘の匂いが鼻腔をくすぐった。
洗面所で娘がみかんの葉を洗っている。
枝を切り、冷蔵庫に入るサイズにして保管する。

ある神社で宮司さんにお願いして頂いてくる。
グリン(青虫)達の貴重な食草となる柑橘類は、レモンの葉がいちばん良いが、贅沢を言ってはいられない。

今年もまたアゲハがやって来て産卵し、その卵を保護して羽化すると、その子が戻ってきて卵を産みつける。
その循環が何度かあった。

日向夏柑を提供したものだから、数は一挙に増えた。
飛び立った子は20数頭、育っている子らは50匹くらいか。
彼らの世話で娘は忙しい。

ケース内でサナギに変身させます お守りは葉っぱを頂く神社で購入したもの 今年も皆元気に羽化できますように

 

小〜中〜高〜大〜成人とある程度大きさを分けて保管(理由:大きい子が誤って葉っぱごと小さい子を食べてしまうこともあるので)

 

生まれたばかりの赤ちゃん すぐにタマゴのカラを食べます 右下の黄色いマル2つがアゲハのタマゴ 生まれる前はだんだん黒っぽくなっていきます

 

超ズーム タマゴをかじったあとが見える!

 

しばらくは柑橘に網をかけていたので、かける前にやって来た子の卵のみ数匹を育てる年が続いていた。

私達が食べたみかんの種を鉢に埋めておくと、芽が出る。
10センチに満たないその木には網をかけないから、ここにもちゃんと産みつける。

自然界でなら考えられないことだろう。
黒虫からグリンになった時、すでに食べる葉は無くなっているはずだから。

この家ではちゃんと保護して育ててくれる。
ウチから飛び立った子は、それを知っているのだろうか。

ともあれ、今年はアゲハがこの近辺を舞う。
そういえば、数匹しか育てなかった年は、あまり彼らを見ることがなかったように思う。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA