「耳」の工夫

「イヤー、よかったですワ。」
思わずオヤジギャグを口にしてしまいそうな・・・ぐらい、『イヤーウォーマー』は名案であった。

ただ、ポコッと乗っけている感じなんで、すぐ落ちてしまいそうになる。
ゆるーいクリップ状の物があれば、それで止めるといいんだけど、ないわねそんなの。

どうよかったのかというと、まさに「ウォーマー」、あったかいのである。

フロ上がりのポカポカしている耳につけるとそのまま温かくて、不思議なことに体まで温かい。
つまり湯冷めしないのだ。

耳ってこんな役目もしていたのかと、今更ながら気がついた。

じゃあ今までどうしていたのかと、疑問に思われるかもしれない。

耳まで包むように、スカーフをターバン風に巻きつけてみたり、ハチ巻き風にしてみたり、いろいろ工夫はしていた。
しかしマアあまりパッとしないまま、春になる。

毎夜ベッドに入る前に15〜20分ぐらい部屋の中を歩く。

廊下と玄関の方が少々寒いので、どうしても耳の保護が必要となり、前述のことをしながらウロウロしていた。
髪がペタンコになるから、全体には巻けない。
耳だけ温かくする方法って、けっこう難しかった。

このイヤーウォーマー、改良の余地はかなりある。
完成品が出来上がったアカツキには、外へもつけて行くゾーッと意気込んでいる。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA