マスク事情

マスクは不織布が菌を通しにくいとのことで、布マスクをつけていたら「不織布にして下さい」と指摘される場所もあるとか。

布マスクの下にもう1枚当て布を作り、2重にして使っている身としては、何とも言い難い。
不織布マスクはあまりにも風情がない。
肌が荒れるという人もいる。

それでは、布マスクの下に不織布マスクをつけ、さらに麻か綿の当て布をしたらどうか。

結果から先に言うと、少々息苦しい。

教室で挨拶をして通達事項を話、絵の説明をしていたら、息切れしてきた。
これはマズイ。

娘が、これを常時持って歩いたらいい、と丈夫な不織布マスクを渡してくれた。
バッグの中に入れてある。

布マスクの下に不織布と綿・麻両面の当て布をしたらどうだろう。
その場合、不織布を使っているとわかる構造にしておかなければいけない。
ややこしい。

では、不織布マスクに、綿・麻素材を縫い付け、マスクを2つすればどうだろう。
耳の辺りをみれば、2枚マスクをつけているのは解ることだから問題はない。

要は、菌を極力通さない状態にすれば良いよいのだ。
マスクが無くなった時は何でもよかったが、今はも最も効率よくコロナウィルスを防ぐマスクが必要とされている。

(玉麗)

大阪城の梅林で、仲良く梅の花の蜜を吸う2羽のメジロたちを見ました。おじさんカメラマンがその梅の木に集合していて、密が凄かったです。(雪)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA