マロングラッセ

私は栗が大好きである。

と言っても、栗ごはんとか渋皮煮などのように、その季節に味わうものではない。

いつでも口にすることのできるマロングラッセ、これに目を細める。

しかし形の美しい、ちょっと澄ました贈答用が好きなのではなく、1kg入ったビニール袋でドンと届けられる割れグラッセを好む。

栗が好きだったのに、いつの頃からか採れたてを調理したものが体に合わなくなった。

1個で胸焼けを起こす。ナンデと言いたい。

以来、栗ごはんを頂いたら、ひとかけらを入れただけで食す。

寂しい限りである。

渋皮煮は半分しか食べない。

でも、マロングラッセなら、それも割れたのならウフフと食べられる。

1〜2年に1回ぐらい、贈り物の季節に自分宛でこのお菓子を贈る。

申込み後1〜2週間で届くが、もうすっかり忘れてる頃である。

そこへ、「澁谷玉麗様、マロングラッセ届く」となる。

まさに、“ウフフ・・・・・”状態で、箱を開け、封を切る。

ひと欠片くちに入れると、ウフフ以外の感想はない。

何日もかけて自分1人で食べたいところだが、娘にも教室(自宅のみ)の会員にも少しずつ、お茶の時間に添える。

アッという間になくなるが、それでいいのである。

美味しいものは美味しいうちに、少しだけ頂くのが、玉麗流作法なのです。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA