クローゼット取り付け

大きな洋タンスがあったが、扉の具合が悪くなって不用品に出した。

娘は、この中に入れてあった服などをキャリーハンガーに掛けているが、部屋の中がスッキリしていないのに服が目に触れるものだから、何とも鬱陶しい。

ついにクローゼットを取り付けることになった。

トイレの巾木がそっくり返っているのも気になるし、扉のかたいのもなんとかしたい。

ずっと気になっていた冷蔵庫の位置を移動するとナルト、予算は随分オーバーした。

食器棚は作り付けではなく、安いものをどこかで手に入れようとなって、工事の予定日が決まった。

工事といっても大層なものではない。騒音もないだろうし、3日もあれば終了する。

ここへ転居してもう15年以上経つ。

その時は台所まわりを残して全部リフォームしたから、大変であった。

前にも書いたが、間仕切りのないガラーンとした空間を、風太が喜んで走り回った。

時々私のところへ戻ってきて、「広いネ、広いネ」と言っているように足元にドンと跳びつく。風太はまだ2歳になったばかりの頃だった。

 

昨夜、会報に載せる過去のブログを選ぼうと、4〜5年前のノートを読むと、風太との交わりが蘇る稿がいくつもあった。

あまりにも面白くて、娘に「もう11時過ぎてるよ!」と言われるまでやめられなかった。

言葉を発しない犬でもこんなに愉快な出来事があるのだ。これが人間の孫なら一体どんなことになるのか。

しかし、孫がもしいたらクローゼットを作るぐらいの費用では、とてもじゃないが追っつかない。

体力・気力共にどれだけ消耗するンだろうと想像すると、ホーッとヤレヤレが一挙にやってきた。

(玉麗)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA