きゅうりの意趣返し

緑化計画にはきゅうりも多大な貢献をしている。
それは間違いのないことだ。
ただ、きゅうりを植えたのは実を成らせて食べるためである。

2メートル以上も伸びているのに、2本しか成らないのではグチを言いたくもなる。

「ちっとも成らないし、あまり美味しくないネ。陽陰は作ってくれてるけど・・・」
と2人に言った。
いや、4人にかもしれない。

きっときゅうりは聞いていたのだ。
今にアッと言わせてやる!
私が張った網を突き抜けた時、決心したに違いない。

その時は親指ほどのちっぽけなヤツが、こんなに太く大きく成長するまで何日かかったのだろう。

緑をもっと密にしようとニセモノの葉を買ってきた。

脚立によって網に手をかけた途端!

うわあ!!!

この驚愕の声を聞きたくて成長したきゅうりだったが、太りすぎて網を切らなくてはどうにもならない状態になっていた。

現代アート「きゅうり」
後ろから
ドアップ
寝転んで
傘の柄にも

 

ヤツは大物だ。

キミの意志はしっかり受け取った。
酢の物にして美味しく頂くことにするよ。

きゅうりを侮ってはいけない。
来年は緑化のため5本植えようと思っていたが、3本にしておこうと思い直している。

きゅうりと格闘していて、脚立から落下した・・・・・
なんて、惨事が勃発しないとも限らない。

それにしても、ベランダ、ちょっとした森の中みたいになってきた。
良き哉。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA