こだわりの土(+動画ノカンゾウ)

(本日の動画はブログのいちばん最後にあります)

カエルケースに今までなかったもの、「土」って彼らに必要なんじゃないか、と気がついた。

花壇用の土や、その辺を掘って少しばかり頂く手もあるが、それらは皆、カエル達に与えるには適していない。

あくまで凝るヒトだから、里山の土でなければ・・・と考える。

山の方面へ向かって車を走らせた。

ふと、姪の住むところに近いと気がついた。
この時期である。
マスク姿の叔母と従姉妹が突然やってきたら、迷惑だろうナとは思いつつ、トイレを借りたらすぐ帰ろうと。

電話すると姪は家に居た。
気のいい、優しい子で、私達を歓迎してくれて、土のありそうな場所へ案内してくれた。

山裾の竹藪の横に、少しくらいなら採取しても大目に見てくれそうな場所があった。
どんぶりに2杯くらいの土をバケツに入れた。

姪の家へは今まで2回ほど訪れているが、車で坂道を登るたび、“よくもマアこんな山の上に・・・”と、呟いてしまう。

そして今回はさらに上の方へ10分ほど歩いただろうか。

「この坂道45度くらい傾斜してるよ」
フウフウいいながら2人の後をついて行く。
娘が呆れて、「45度ってどれくらいかわかってるの?立って歩かれへんよ」
「いや、マアそれくらいキツイと・・・」

後の方はシンドさで、ムニャムニャ何を言っているンだか状態になっている。

取ってきた土は、アリやクモも一緒くたになっていた。
姪の家の庭に新聞紙を敷き、その上にブチ負けて、虫達が退散してくれるのを待つ間、家の中へ。
エアコンで涼しくしてくれていたのに、ドッと汗が噴き出した。

寒がりのくせに、暑さにやたら反応するヒトで、動きを止めるとハンパじゃない汗が流れ出す。

てんやわんやの土採集、まだカエル達にはお披露目していない。
2日程、天日干ししてからと考えている。
あくまで、こだわるのです。

(玉麗)

 

べべ・ロッカの
「水墨画3分ムービー 100回シリーズ」
第70回は「ノカンゾウ」(2分38秒 音あり)です。

チャンネル登録はこちら。↓
YouTube「べべ・ロッカチャンネル」

よろしくお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA