床のキズ防止

もう15年も経つのだから当然のことだけれど。

椅子の足につけたフェルトが擦り減ってきた。

このままでは教室の床がキズだらけになる。

床暖だから、床キズはまずいだろう。

でも、10脚だョーーーーッ。

 

そんなことをブツクサ言いながら、ホームセンターで買ってきた安ものの切り売りカーペットを、12×40センチのサイズに切る。

1脚に2枚。つまり、29枚のキズ防止加工を施すのだ。

私が!

細長く切った布を椅子の脚に当て、針で縫い付ける。

椅子の足は本体にロの字についているから、縫い付けにはけっこう時間がかかる。

別の椅子の上に乗っけて、立って行う。

1脚作業するのにどれだけの時間がかかったか、時計を見ていなかったのでわからない。

15年前は、ロの字にくっついている出っ張り(これが不要だと思うんだけど、とても取っ払うことのできる代物ではない)にフェルトを縫い付けた。

1ツに4カ所。

若かったナァ、40カ所の作業をまたたく間に(そんなに早くはないけど)やっつけたナァ 。

今や1日に1脚しかできない。

あと8ツある。気が遠くなりそうだ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA