河内ワイン

5月の墨ライブの折、Kさんがグラスワインをご馳走してくれた。お祭りなので屋台が出ている。おつまみなどもいろいろ手に入れてくれて、テントの中で賑やかに談笑した。

あの時のワイン、河内ワインの白。美味しかったナァと食事の時2回ぐらい言ったように思う。どこで売っているのかKさんに尋ねてみようとも。

教室が終わって家に帰り、ガレージに車を入れる娘を後にして部屋に入ったが、彼女はいっかな帰ってこない。ひょっとして眠くて仕方ないから、車の中で仮眠している?そんなことを考えていたら帰ってきた。

「おみやげ、ハイ」

河内ワインのフルボトル。

「エーッ どこで?」

「近所の店にあった」

ナントマァである。お酒のコーナーにワインはたくさんあったが、いつも素通りしていた。

ワインを飲むのは主に私で、娘はそれほど好んでいない。で、買うとしたら一番小さなサイズの白。辛口・甘口表示の一番辛いのを手に入れる。白ワインだが、2、3日かけてほとんど私が飲む。

その河内ワインは2番目のところに印があった。私はもう少し辛い方を好むが、これはこれで結構いける。娘にはソーダで割って飲んでもらおう。料理にも使わないと。

赤に比べて酸化の早い白は、味が変わりやすい。フルボトルを空けるにはちょっと時間がかかってしまう。酔うほど飲まない私は、せいぜいグラス1.5杯。ほんのたしなむ程度である。それでも味にはちょっとだけうるさくて、甘口は絶対口にしない。

友人で毎日ワインを飲む女性がいる。午後4時、この時間にはもう酒盛りが始まっている。ほろ酔いで入浴を済ませると、8時にはもう寝ていると言う。彼女の話を羨ましいと思ったことはないが、寝つきの良さだけは、いいナァといつも言っている。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA