kakome 前編(+動画ホタルブクロ)

(本日の動画はいちばん最後にあります)

カモメが鳴いた!

それだけの理由で手に入れようとしたら、かなりお目出度いヒトになる。
しかし、その理由は購入決定の重大な引き金となったことは確かだ。

私達は梅田の大型家電店の扇風機特売場についた。
そこに立っていた店のスタッフを捕まえて「扇風機です」と言ったら、60代とおぼしき男性は、「ハッ どんな扇風機を?」と返した。

手短でなかなか好感の持てる返答であった。

娘がすかさず「日本製を」と続ける。

「日本製はバルミューダだけです。あとは、メーカーは日本、製造は中国がほとんどで。この辺が今風、向こうへグルッと昔からの型のものとなっておりますので、まずはご覧になって質問がありましたら何なりと。」

ここから親しみを込めて、“オっちゃん”と呼ばせて頂く。

オッちゃんは客あしらいが上手である。
そしてこの客は買う、買わない、をちゃんと見極める眼力の持ち主でもあった。
付かず離れずの距離を持って、私達に接してくれる。

1万円台、2万円台、3万円台、ウーンと飛んで10万円もあった。さすがに超高級の感じ。目が釘付けになる。買いませんよ、もちろん。

コレと思うものがあれば、オッちゃんに声をかけ、説明してもらう。
オッちゃんは過不足なく、楽しそうな口調でしゃべる。

ふとみると、首からダイソンの社員マークを吊るしていた。
ダイソンの空気清浄機付き扇風機を売るために、派遣されている人だった。

「ダイソン(英国製)は放っといても売れますから、いいんですヨ。何でも聞いて下さい」
と言いながら、コレを動かせてみて欲しい、という私達のために、扇風機を展示台から下ろし、電源の場所まで運んでくれた。

スイッチを入れる。

カモメが鳴いた!

売り場の喧騒の中で、私達の耳にかすかに届いたのだ。(後編へ続く)

(玉麗)

 

べべ・ロッカの
「水墨画3分ムービー 100回シリーズ」
第27回は「ホタルブクロ」(2分30秒 音あり)です。

ピンクにときめきました。

チャンネル登録よろしくお願いします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA