秋の籠盛

今年もまた、Mさんから秋の籠盛り。

稲穂、ドングリ2種、フヨウの蕾、キリンソウ、パンパスグラス、ピラカンサ、フォックスフェイスまで入っていてびっくり。

もう1ツの籠にはドングリいっぱいとフォックスフェイス。
小さなお地蔵さんとタヌキの置物が入っていた。

虫喰いの葉っぱもあって素敵なかご盛

フォックスフェイス

パンパスグラス

娘が「タヌキじゃないよ、ネコ」と言う。
確かに。
でも何かタヌキっぽいし、タヌキの方が似合っている気がしません?Mさん。
Mさんの笑い声が聞こえてきそうな、楽しい、嬉しい、ステキなプレゼント。

この中のいくつかは、来年の秋の手本になることでしょう。
ネコの置物はオルゴールが付いていて、バッハの、耳に覚えのある曲が流れてきた。
なんとマアシャレた演出を!
リビングの風太の写真の横に飾っています。

明日はこのモデル達を穴のあくほど観察して、絵に取りかかります。
来年をお楽しみに。

雨の予報が出て、わが家の予報官トビラ氏も
「アス ハ アメ、ギーッ」
と言っていたのに、いっかな降らない。
雨が降ったら涼しくなるのにナア。

ベランダへ出て空を仰ぐと雲が広がっている。
月も星もない。
何となく雨のニオイがするような・・・。

明日はドングリ。
あのベレー帽をかぶった子をまず描こう。
Mさんのおかげでワクワクがひとつ、ふたつ。
ありがとうございました。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA