椅子

ブーツを愛用している。
1年中履いてもいいかなと思うこともあるが、雨期や夏の終わりにはさすがにどうかと、やめている。

真夏は夏用のブーツを履いている。
クーラーの冷えから足を守るために。

さてこのブーツであるが、近年履いたり脱いだりが、「アッ、アッ、アッ」となることもあり、危険防止(転倒防止)のため玄関にイスを置こうと考えている。

凝り性の私としてはやはり、見栄えのするものを手に入れたい。
玄関入ったら、いかにも安物の丸イスがあった・・・ではカッコ悪い。

となると、どこへ行けば手に入るのか、すぐネットで探すという人もいるが、私には無理だ。
第一、見てみないと決断できない。
などと言っているようでは通販は使えない。

背もたれの高い拡張高いイスを写真で見たことがあるが、座高が高すぎては用をなさない。
あくまでブーツを履くためのイスであるのだから。
第一、そんなイスは値段がべらぼうに高い。
とても私の手には入らない代物だ。
うーん。

どれくらいの高さが適当か、測ってみた。
35〜40センチぐらいではないだろうか。
明日、実験してみることにしよう。

そんな高さのイスってあるンだろうか。
無いとなれば、別注?
まさかそこまでは考えていないけど、想像するのは楽しいことだ。

『この椅子はずうっと昔、おばあちゃんがブーツを履くために職人さんに作ってもらったらしいよ』

『ヘ〜〜ェ、それだけのために?それでこんなに低い訳か』

女の子とその母親らしい人が、椅子を磨きながら話している・・・・・。

いや待て、私に孫はいないのだ。
と言ってしまえば、ファンタジーにならない。

なんてことを書きながら、そのうち自分で作ってしまうような気もする。
それとも「ブーツの好きな魔法使い」の題で、ものがたりをひとつ書いてみようか。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA