今だに、格闘している

生活していると日々いろいろな事柄が発生し、その日のうちに解決するのが難しいことも、多々ある。
発生源は、外からの場合もあるが、自分で起こしてしまうこともけっこう多い。

『通販買わない』
と書いて貼っておいたのに、そのメモがどこかへ消えた。
封印が解けてしまった。

通販でないと手に入りにくいものもあるし・・・・と、これは言い訳だ。

しかし、アレ・コレ・ソレと3種のものを、カタログのページを繰るだけで探し出せる便利さよ。
通販にはまってしまう人の心の動きも、解らないではない。

ただ、見て、触って、決めるのではないから、「ソレ」はダメであった。
「ソレ」とはジッパーの「あたま」で、気に入って長いこと履いているパンツの、その部分が取れてしまって難儀していた。

あった、あったと喜んで注文したものの、届いたものとパンツのジッパーは合わなかった。

あ〜あ
早速その旨伝えて返品しようとしたが、電話がいっかな繋がらない。

前置きが長かった。
自分で起こした「その日に解決できないこと」である。

別の部署へ電話をかけたら、土日はお休みなので日曜に、と言う。
明日まで待てないヒトに3日待てと!

よく忘れる。
忘れないようにメモしたり、そのものを目に触れる場所において、忘却病に抗っている。

カウンターや机の上が一杯にならないよう極力気をつけているが、今回のようなことがあると、ささやかな努力は水の泡、月曜まで待つのか〜〜〜。

考えるまでもなく、人生においてその日のうちに片付くことなんて、ほんの少ししかない。
モノが溢れる昨今、よほどの覚悟と努力なしでは、スッキリした生活は送れない。

いらないものを捨て、片付けたいモノやコトと格闘しつつ、ひとつ買ったらひとつ捨てる、と呪文のように唱えて、今日の生活が今から始まる。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA