今どきの1人旅

ちょっと前までは取り立てて言うことでもなかった。
けれどもこれは書いておこうと、今では思う。

わが家からあるショッピングセンターへ行くには車を使う。
とても歩いて行ける距離ではない。

バスで行く選択があることに気づいた私は、娘に時刻表とバス停の場所を調べてもらった。
近くのバス停から10分余りで行ける。
娘は仕事だったので帰路迎えに来てもらうべく、たっぷり4時間余り先の時間を伝えた。

ショッピングセンターでは、メモをみながらあっちへ行ったり戻ったり。
いつもなら娘と一緒なので効率はいいが、ちょっとアレ見たいナと思っても遠慮がちになる。
荷物が増えてきたらサービスコーナーへ行って預け、また買い物へ。

そうこうしているうちに1時間が経過したが、あと3時間余り。
そうだ、ユニクロへ行って暖パン(ウラ地モコモコのパンツ)を探そう。

結局適当なのがなくて隣接しているスーパーへ。
まず食料品を重たくない程度手に入れた。
またショッピングセンターへ引き返そうとしたが、まだ2時間近く余っている。

水分補給とおやつ。
同じフロアにマクドナルドがあった。
しばし休憩。
ずっと歩きっ放しで足も疲れた。

15分くらい休み、本屋へ行った。
これで時間が余っても、退屈しないで待っていられる。

そうだ、Aちゃんに電話しよう。
先日の話の続きを喋っても、せいぜい10分かそこいら。

あと1時間足らず。
預けている荷物を取りに行った。
従業員が少ないみたいで待つことしばし。
さて、これで全ての用は終わったゾ。

最近は全てのことをいちいち確認しないと、何か忘れ物があるみたいで落ち着かない。

エレベータでパーキングへ向かう。
ベンチに座って娘にメールを送ると、すぐ電話で返事がきた。
気を利かせて隣のスーパーのパーキングに停めたらしい、残念!
食料品も手に入れて待ってるから、と返事。

ん?タバコの臭い・・ベンチの隣にきた女性がタバコをふかし始めた。
うわっ やめろ!
退散するより他ナシ。

荷物をパーキングの方へ運び、コンクリートの台に座って本を読んでいたら、ほどなくわが家の愛車が現れた。
本日、4時間の1人旅をしてきました。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA