ヒマつぶし

ヒマができたら、サッと手にしてコツコツしていることがある。

ベストの前面に施された刺繍、それを取ってしまいたいとふと思った。

朝洗濯が終わった後、教室が始まる少し前、夕食後などほんの30分間くらい。
思いついた日から5、6日くらい経っているが、なかなか進まない。

普通に縫ったものなら1箇所切ればプツプツと縫い目が外れて、また次の縫い目を切る、となる。

ところが、これはそう簡単に外れてくれない。
クネクネと曲がってもいる。
1ツ1ツ縫い目を切っていかなくてはならない。

よくマアこんなシンキくさいことやってるワ、と半ば呆れながら、それでもひと目ひと目プツンプツンと切っていく。

まさか、この刺繍を取ってしまおうと考えるヒトが現れるとは、作った人はユメユメ思いもしなかっただろう。

これはたぶん、コンピュータミシンでジャーと縫ったものだろうから、取れるようにはできていないのだ。
それをせっせとやっているヒトがいる。
ヒトごとのように書くしかない。

あと何日かかるかナア・・・。

人というものは時として、妙なことを取り憑かれたようにやってしまうものなのです。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA