春の朝

朝早く起きた日が晴天だと、ちょっとだけ得をした気になる。

ベランダへ出るとエニシダの鮮烈な黄が芳香を放っている。

シクラメンは葉陰に置いているので、まだ充分きれいな状態で咲いている。

ニューッとのびているハボタンが登頂部分に花をつけ、細長い茎にいっぱい脇芽の蕾をつけている。

高さ15センチぐらいだったのが、今や70センチはある。お正月用の寄せ植えとして、ミニシクラメンの紅白と一緒に植えた。

下部の葉は白で上にいくにつれて緑色が濃くなり、テッペンにうす黄の花が咲いている。おもしろい形なので、来年はもっと数を増やそうと思っている。

その横にエンドウが5本。数えると8コ豆をつけている。花が咲いているので、まだこれからも実をつけてくれるだろう。

じゃがいもの芽が出ないと心配していたが、ホイホイ出てきた。3鉢あるので、10個収穫できればいいかと下方修正した。

息子の庭に植えたのは、ヘナチョコながらもビニールハウスを作ったので、発芽が早いと思っていたのにやはり奈良は大阪より寒い。

それに春一番の風でハウスが吹っ飛んだらしい。心配したが、何とかポツポツ出ています、とヨメさんが言っていた。

5月末か6月上旬、晴れた日のじゃがいも堀りが待ち遠しい。

桜が咲く頃は、花曇りになりやすい。花冷えという言葉もある。

昨年は3月30日に花見昼食をした。今年も大川端の桜を楽しみにしているが、咲く前に冷えたり曇ったりで、今年の開花は遅れそうだ。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA