ハル君のこと

腰痛ではあるが、一旦立てばどうってことない。
いや全くない訳ではなくしばらく変なカッコして歩くのだが、1分も経過すれば普通にシャンとなる。
腰かけると又おかしなことになる。
ヘルペスはどうしていても痛い。

そんな訳で家に篭っている私を見かねて、娘が「ちょっと散歩にでも行く」と誘ってくれた。

川の畔を歩いて対岸へ渡り、その辺をひとまわりしてきた。
外は風が吹けばけっこう寒い。
もっと大きなストールにすればよかったと思うくらいであったが、歩いているうちに体が暖かくなってきた。

この辺りでミニチュアピンシャーに会ったナア。
あの子なんていう名前だったかナア。

なかなか思い出せない私は、あいうえおから順に言ってみた。
娘はサッとスマホで調べたらしく、正解に近づいたらヒント出してあげると言う。

かきくけこ、さ行、た行、な行、・・・
「は」と言ったら、ピコピコ、と娘。
同時に「ハル!!」と名前が出た。

ハル君だ。

風太にちょっぴり似たその犬は、風太とはちっとも似ていない人懐こさの持ち主で、私達にすぐ馴れた。
顔をなめる、膝に乗る、抱っこさせてくれる、それはもうサービス満点であった。

3年前の出会い 
とても人懐こかったハル君

 

飼い主も気のいいオジサンで、おやつやって下さいと私達にササミを渡してくれたり・・・。
散々遊ばせてもらって、又会いたいねと別れたが、それ以来会うことはなかった。

もう3年前のことだ。

その辺りでブラブラしてハルくんを待ったが、今は散歩の時間ではないのだろう。
ひょっとして引っ越ししたかもしれない。

あの時は1歳でヤンチャ盛りであった。
今はもう4歳、すっかりおとなになっているンだろうナア。

「ハル君、会いたいです」とメモを書いて、橋の袂に置いておこうかな、と考えてたりしている。
でも腰が全治してからのほうが良いかもしれない。
ピンシャー犬のパワーに押されて尻餅ついた私を、ペロペロしているハルくんを容易に想像できる。

(玉麗)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA